寒い時期になると、鍋の美味しい季節になるのではないでしょうか。鍋と言っても種類は豊富で、おでんやすき焼き、もつ鍋や水炊きがあって、例をいくつも挙げるときりがありません。寒い時期だからこそ、鍋を囲ってご飯を食べるのが美味いです。鍋のスープは色々種類があって、それぞれ好みがあるのではないでしょうか。

醤油や味噌、塩や最近は変わった鍋もあって、トマト鍋やギョーザ鍋と言うのもあって各家庭で工夫されています。その中で、もつ鍋の発祥は日本では福岡県なのですが、もつ鍋の原型が朝鮮から伝わったと言われています。福岡では定番は醤油味で、具はもつ、にら、キャベツ、醤油味スープ、ちゃんぽん麺が特徴です。モツにはコラーゲンやビタミンが豊富で、キャベツやにらともやしの野菜がある事によって、女性が食べるとお肌にも効果があるので人気があります。

鍋の中に、お好みで乾燥にんにくチップと白ごまと輪切り唐辛子を入れます。辛い物が好きな人、唐辛子を多めに入れると辛いスープに仕上がるのではないでしょうか。最後にもつ鍋のしめを調理する時に、お好みでうどんやご飯、ラーメンを入れる家庭もあります。圧倒的にしめで人気なのは、ラーメンが多いのではないでしょうか。

家で作って食べる事も大事ですが、本場の福岡県博多市に行った際は本場のもつ鍋を食べてみて下さい。寒い季節は、美味い鍋で会話を弾ませながら仲間や家族と一緒にする事で仲が深まります。