日本で牛肉を食べる文化が定着したのは幕末から明治にかけての時期でしたが、牛を家畜として用いる生活はそれ以前から存在しており、平安時代の牛車は雛飾りにも用いられているほど一般的な貴族の移動手段でした。このように牛は古くから国内で飼育されていた動物ですが、実は日本国内で「和牛」を名乗れるのは4品種であり、その内の9割以上が黒毛和牛です。その中でも、松坂牛や近江牛といったブランドはよく知られています。しかし、この黒毛和牛の一種である鹿児島牛も見逃せないブランドであることをご存じでしょうか。

この鹿児島牛は融点の低い霜降りが特徴で、焼肉セットでもおいしく食べることが可能です。日本一の生産地・鹿児島の鹿児島牛の焼肉セットを購入するなら、通販がおすすめです。霜降りの融点が低く口当たりの良い鹿児島牛はサシの多いカルビが美味ですが、きめ細かな肉質なので赤身の多いモモ肉も柔らかく肉のうまみがしっかりと味わえます。焼肉セットならさまざまな部位を一度に楽しめるので、初めて食べるという方にもおすすめです。

また、通販を利用すれば他の産地の牛肉との食べ比べもしやすいので、自宅で過ごす時間が長い時期こそ楽しみたいグルメといえます。さらに通販元によっては鹿児島牛を含むお得な焼肉セットやプレミアムな熟成肉のセット、同じ産地の黒豚との焼肉セットなどバラエティ豊かな内容になっているので、ニーズに合わせた選び方も可能です。