日本という国は、世界的に見ても多国籍な料理が楽しめるとして人気があり、神楽坂には多くの飲食店があります。当然、神楽坂は外国人からも人気が高く自国の料理が日本ならではの味付けになっている点に魅力を感じたりしているようです。そのような中で海外では見受けられず、日本ならではのスタイルとして人気があるのは鉄板焼きです。日本人にとっては馴染み深く国民食と言っても過言ではないものですが、海外から訪れた方にとってはとても魅力的に見えるようです。

その理由は、鉄板焼きの場合店内の端から端まで長い鉄板が続いている事が関係しています。一枚の鉄板を前にして着座し、目の前で調理して頂く料理を口にすることで店内全体が一体感に包まれるのです。必然的に隣の席に着座しているお客さんとも距離が近くなり、自然に会話を楽しむ事ができます。通常の飲食店では隣に人が居ても話しかけるという事は稀なので、鉄板焼きならではの光景であると言えるでしょう。

また、鉄板焼きならではの音も関係しているとされています。当然、色々な具材を焼くことになるので店中に良い音が響き渡り、加えて香りも充満します。そういった環境が適度な心地良さを発することになるので、コミュニケーションしやすくなるのです。こうした点に着目し、神楽坂では鉄板焼きを口にしながら異業種交流会を楽しむ催しも開催されています。

声をかけやすい状況だからこそ、普段交流することがない方々と会話が楽しめます。