現在、社会問題にもなっている待機児童問題、東京では働く女性が多い為、子育てをする母親にとって子供を安心して預けられる環境はとても大事なことです。それにともない子育てに必要な職業倫理と実践力を備えたベビーシッターの需要も多くなってきているのが現状と言えます。ベビーシッターの資格を取るこで、現役で保育園や企業内の託児所、デパート内の一時託児サービスなどで仕事をすることができるのはもちろんですが、自分の子供の健康や心身の発育にも役立てることができます。東京でも過去に無資格者のベビーシッターによる子どもの事故などがあり、「子どもを安心して預けられない」といった母親の不安は増加しているのも事実です。

きちんとした資格を持っている人に子供を見てもらえることは子供を預ける母親にとって何よりの安心材料とも言えます。ベビーシッターの資格取得の方法は、通信講座が便利です。その中でもオンライン通信資格サービスという方法がオススメです。受講期間も1ヶ月程度で、掛かる費用も検定費用や認定証を含め、35000円くらいですので、リーズナブルと言えるでしょう。

学校に通う場合、東京のように交通の便がよい場所でも重たい教材を持って時間も調整して通うのは大変です。オンライン講座であれば、テキストは好きな時間や空いている時間にWEBで閲覧、確認ができ、たとえ標準学習期間の1ヶ月で修了できなくても、その後の閲覧が可能で、資格試験にも受験期限はないので自分のペースですすめられるのがメリットと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です