神奈川は、共働き夫婦が多い地域であるにも関わらず、保育所や幼稚園といった保育施設の不足が顕著であることから、訪問型保育であるベビーシッターに人気が集まっています。また、こういった状況に連動して、保育士経験を持った人や、フルタイムで働くことは無理でも短時間であれば勤務可能な人がベビーシッターを目指しています。こういった背景には、ベビーシッターが保育所や幼稚園教諭とは異なり、国家資格など資格が必要ないこともありますが、近年、保護者とのトラブルが相次いだことから、神奈川においても保護者側が、今まで以上に安全性にこだわっているのが現状です。保育士などの国家資格を有する人は別として、これから始めようとする人は少なくとも、全国保育サービス協会が実施する認定試験に合格すことが大切です。

ベビーシッター認定試験は国家資格ではありませんが、認定されることでユーザーから高い評価を得ることができます。なお、試験に合格するためには、基礎的知識や技術、在宅保育・個別保育の特性及び専門性などから幅広く出題されています。また、受験するためには実務経験が必要となりますから、派遣会社などには就職して、一定の経験を積むことが求められます。神奈川では、今後、ますますベビーシッターの需要が高まることが予想されています。

そういった点でも、これから成長が見込まれる職種ですが、それだけに正しい知識と高いスキルが求められることは言うまでもありません。自身のスキルアップとユーザーからの信頼を得るためにも認定試験は重要なものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です