どのような業種でも、仕事をはじめる時にはニーズが高い場所かどうかということが重要になってきます。特に会社に勤めるという形ではなく、独立して技術や知識を生かして働こうとする場合はその傾向が強くなります。必要とされている場所なら仕事を得やすいですが、そうでない場所ではいくら良いサービスを提供しても、仕事を得ることが難しいといえるでしょう。ベビーシッターの仕事は特に、必要としている方のところに出向いていく仕事でもありますから、ニーズがある場所ということが重要になります。

人口が少ない地域や子供の少ない地域、例えば田舎の方などでベビーシッターを始めようとしても、お客様を探すのは難しいでしょう。そこで、神奈川など若い世帯が多く、子供の数も多い場所であれば、比較的お客様を見つけやすいといえます。特に神奈川は核家族で共働きという家庭も多いので、保育のニーズが高い場所といえます。そういったところでなら必要とされやすいといえるでしょう。

子供が好きで、ベビーシッターの仕事をするために勉強をしている方は、ぜひどこで活躍するのかという事も考えてみましょう。それによって戦略も変わってきます。神奈川のように保育のニーズが高いところでは、利用時間を柔軟に設定するという事も必要でしょう。競争率が高いという事も考え、英語や音楽などの教育もプラスしたサービス提供など、新たな形を模索することも必要かもしれません。

ぜひ、自分の働き方を考えていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です