東京でベビーシッターを依頼されて、依頼された家庭を訪問して保護者と綿密な打ち合わせを終えたら、いよいよシッティングが始まります。服装は動きやすく、清潔なものを心がけます。中には子供の会話のきっかけになるので、流行のキャラクターのついた服装を選ぶ人も、東京にはいます。まず家の中をできるだけ安全な状態にします。

はさみや口に入る小さいものなど、危険と思われるものは早めに子供の目の届かないところに片付けます。もしもの場合の非常口なども、確認しておきます。子供は保護者と離れて不安な気持ちでいっぱいです。年齢が低いほど安心して自分のペースで生活したり遊んだりできるようにするのが、ベビーシッターの基本姿勢になります。

シッターは思い思いに自分の手作りのおもちゃを持参したり、散歩に出かけたり、公園で遊ぶなどその子にふさわしいと思う遊びを提供します。外でほかの子供の輪に入って遊ぶのが好きな子もいれば、室内でじっくりと遊ぶのが好きな子もいます。子供の発達や好みをできるだけ早く把握して、その子に会った接し方を見つけていかなければなりません。東京の家族にとって、留守中の子供の様子はとても気になるものです。

ベビーシッターは保護者が帰宅したときに、子供の様子がわかるように保育日誌をつけることを、義務付けられています。日誌にはどんな遊び方をしたか、何時ごろ昼寝をしたか、機嫌はよかったかなどその日にあったことを書き込みます。保護者の帰宅時間になったら、後片付けをして保護者にその日の報告をして帰ります。藤沢のシッターのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です