おせちに使われる食材の意味

おせち料理はお正月を代表する料理の一つですが、ただ単純に食べ物を食べるというだけではなく、それぞれの食材に意味を込めて家内安全や豊作、子孫繁栄などを願う行事としても昔から行われている日本の伝統行事になります。そんなおせち料理ですが、もともとは季節の変わり目を意味している節の時期に、神様にお供え物をした上で開かれる宴の宮中行事として食べられていた料理でした。

そこでは御節料理と呼ばれていたのですが、それが次第に一般の人々にも浸透してきて、お正月の定番料理として定着しました。



昔の人は様々な食材に家内安全や豊作、子孫繁栄の願いを込めて料理を作っていましたが、その願いは今現在も受け継がれています。

しかし、多くの日本人はあまり意味を知らないので、ここでは食材の意味について見ていきましょう。例えば定番食材の黒豆ですが、これには元来から健康や丈夫という意味があります。



またまめに働くといった語呂合わせも加えて、いつまでも健康で丈夫な体で働けるようにとの願いを込めていました。


次に数の子ですが、これはニシンの卵から作られる料理で、たくさんの子供がいることからおめでたいとして昔からおせち料理に使われる人気料理です。


他にも田作りは五穀豊穣を願いを込めているのですが、小魚を田畑に肥料として撒いていた事から名づけられた田作りは、関東や関西でも祝い肴三種として黒豆と数の子に並び食されてきました。


このようにおせち料理に使われる食材には全て良い意味の願いが込められていますので、ただ食べるだけではなくその意味を考えながら食べるようにすると、より一層お正月を楽しく過ごすことができるかもしれません。