おせち料理の意味とは

日本のお正月を代表する料理と言えばおせち料理ですが、近年では一人暮らしの方も増えたことから、中々若い方の間では食することが少なくなりましたが、それでも昔からの伝統料理なので、毎年必ず家庭の味を作るという家から、高級料理店なども販売している日本を代表する料理の一つです。そもそもおせち料理とは、もともと季節の変わり目を意味する節の時期に、神様にお供え物をして宴を開く宮中の行事の中で食べられていた料理で、その時は御節料理という名前でした。それが次第に庶民の間でも浸透するようになり、お正月に食べる料理として定着していきました。



そんなおせち料理ですが、昔の人は様々な食材に家内安全や豊作、子孫繁栄の願いを込めて食していました。



そして、それは今現在も受け継がれていて、それぞれの家庭や地域によって献立は様々ですが、いろいろな願いを込めた料理が作られています。

例えば定番の黒豆には、まめに働くという語呂合わせの意味が込められているのですが、実はそれだけではなく豆には本来健康や丈夫という意味もあるので、そのような意味合いでも食されている人気の献立です。



また数の子はニシンの卵から作られているため、二親(にしん)から多くの子が出ることはおめでたいとして昔から使われる定番の食材です。

このように各食材には様々な縁起の良い意味が込められていますが、使われる重箱にもおめでたいことが重なるようにとの願いが込められていて、おせち料理は食材だけではなく様々な部分に縁起の良い意味が込められている料理として、今現在も愛されています。