歯医者さんがマイクロスコープを使用する利点

脳外科や心臓外科などで使用されているマイクロスコープは、医療用の顕微鏡であるといえます。

これが近年、歯医者の世界でも導入されはじめています。いまだに歯医者さんに3%程度しか普及されていませんが、今後需要が飛躍的に伸びる機械ではないかと期待されています。

患部を4~20倍まで拡大して見えるようになることで治療効果はすばらしく増大します。

ガジェット通信が最近こちらで話題になりました。

また歯医者さんが歯をのぞきこむときできてしまう影のため良く見えないという盲点になりがちだった影の問題もマイクロスコープで影ができなくなるという効果もあります。

多くの利点を整理してみましょう。
まず正確で安全な治療ができるために、治療する部分を最小限にすることができます。

そのため傷口が小さく、治りも早く、しかも患部の取り残しを避けることができるために虫歯の再発を防ぐことができます。

結果的には治療回数や治療費の負担を少なくすることができます。

本当に役に立つ東京のマイクロスコープの情報を提供しているサイトです。

治療別に見てみましょう。

まず根管治療(歯の神経の治療)では、歯医者さんの勘や経験に頼ることが最も多い治療でした。

取り残しが多く、再発も多いです。しかしマイクロスコープで拡大して見て、さらに影にならないために確実に治療が行えます。



虫歯治療では、虫歯のみを削ることができるので健康な部分にダメージを抑えることができます。

歯石除去では、歯ぐきの奥にこびりついて、肉眼では見えない歯石さえ徹底的に除去できるようになります。
インプラントなどの外科処理の場合、作業能率が上昇しますし、精度が高くなり身体の負担が軽減できます。