マイクロスコープを使う歯医者

医療技術の進歩は目覚ましいものです。

歯科領域にとってもそれは同様です。

歯科治療は、これまで歯医者の肉眼に頼ったものがほとんどでした。


しかし口の中は狭く視野も悪いため、経験や手さぐりだけで治療を行うこともゼロではありませんでした。

その弊害として健康な歯を削り過ぎたり、逆に悪い部分を残してしまうケースもあり、結果として治療後に虫歯が再発したり神経が痛んだりということもありました。このような問題を解決したのが、歯科用マイクロスコープです。



マイクロスコープはそもそも耳鼻科や眼科で使われていた治療器具です。

All About情報ならこちらのサイトです。

その後脳神経外科や産婦人科などで使用されるようになり、1990年代に入ってから歯科領域でもその有効性が認められるようになりました。
歯科用マイクロスコープを使った治療では、歯医者が高倍率で患部を見ながら治療を行うことが可能です。

そのため、悪いところを削り過ぎることもなくなります。

また、拡大して確認できるため、悪い部分を残すこともなく、治療痕を綺麗に封鎖することも可能になります。

マイクロスコープの歯科情報を利用してみませんか?

より確実で精度の高い治療が可能になったと言えるでしょう。


歯科用マイクロスコープは非常に高度な治療を行うことができる治療機材ですが、非常に高価である点が難点として挙げられます。

そのため、日本ではあまり普及していないのが現状です。

また、その普及率の低さや歴史の浅さから、歯医者の教育現場も十分とは言えません。とはいえ、用いることで確実に治療の制度が上がるため、今後普及していくことが期待されています。