おせち料理の意味と由来

正月の食べ物と言えばお雑煮などもありますが、多くの人が最初に挙げるのがおせち料理ではないでしょうか。日本は核家族化が進み食文化もかなり変化しつつはありますが、それでもやはり新年はおせち料理がないと落ち着かない、という方は多いようです。
そんな日本人にとっては馴染みの深い料理であるおせちですが、その意味と由来、特に由来は実はあまり広くは知られていません。ではこの料理は、どうしてこのような名前となったのでしょうか。



まず、おせちは漢字では御節、と書きます。


ここで言う節、とは端午の節句などで使う意味と同じものとなります。

つまり、もともとこの料理はお正月だけのものではなく、節句という区切りごとにお供えとして作るものだったのです。
この言葉そのものは平安時代からあったのですが、今のような意味で使われるようになったのは江戸時代の中期以降と言われています。



そしてこの料理が今のような形の内容となったのもこの時代の頃です。
お正月は五穀豊穣と無病息災の神様である年神様を迎えることになります。

そのためその期間は煮炊きなどの料理を控えて静かに神様を迎えるため、それより前に作っておける日持ちのする料理が尊ばれました。なので、おせち料理は日持ちのするものばかりとなっているのです。



また、それぞれの料理には正月をめでたく祝うため、エピソードが付けられているのも有名でしょう。

例えば海老を使うことが多いのは、海老に火を通すと背が丸くなることから、背が丸くなるまで長生きできるように、という意味が込められていますし、かまぼこはその半円の見た目が初日の出に見えるからだといわれています。