Skip to content

喪中はがきの印刷はプロに任せよう

年内に身内に不幸があった場合には、新しい年に向けて年賀状を作成することはありません。それは、故人が亡くなったことでそれを心から悲しみ、喪に服す期間だからです。年賀状を出さないことを表明するためにも、喪中はがきを作成して年内に送っておくことが必要になるでしょう。故人が亡くなってしまうことで当然気持ちは打ちひしがれていますし、色々なことに気持ちを費やすこと自体が難しくなる可能性があります。

自宅で印刷する場合にははがきが完成するまでにかなりの期間を要することになりますし、その仕上がりもプロと同じとはどうしても言い難いかもしれません。自宅印刷の場合はインクがかすれてしまったり、はがきがよれてしまうことも多いです。せっかく手間をかけてデザインを考えたりして最後の段階までたどり着いたとしても、失敗を絶対にしないわけでもありませんよね。だからこそ、喪中はがきの印刷はデザインの面から宛名面の印刷まで全て、印刷専門のプロにお任せしてみましょう。

プロに頼めばそのまま投函作業までも終えてくれます(ただし、業者によって細かい違いはありますので事前にしっかりと確認してください)。やはりこのはがきは故人のためのものであり、故人を懐かしく思い出してもらったり、しのんでもらうためのものです。だからこそなるべく高級感のある喪中はがきデザインを選びたいですし、故人が最も喜んでくれるような仕上がりにしたいものですね。はがき作りの歴史が長く、人気が高い業者にお願いしましょう。

喪中はがきの印刷のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です